share this post!

039_01

手放せなくなったパソコンやスマートフォンだからこそ、知っておく大切なこと。

 

ノートパソコンに限らず、スマートホン、プリンター、TV、家電製品、ステレオシステムなど、私たちの生活を取り巻く電子機器は挙げたらきりがありません。特に、中国やインドなど、人口増加と経済成長を経験している国では、電子機器の需要、また廃棄は加速するばかりです。

 

この問題は、とても根深いと感じます。この映像を作った人もPCを使い、この原稿を書いている私もPCを使い、そして読んでいるあなたもPCを使っているからです。これだけPCやスマートホンが普及したのは、この5年ぐらいのこと。電子機器は、私たちの暮らしに不可欠なものになってしまいました。この現状をどうしたらいいか?以下の項目がヒントになるかもしれません。

 

▲一台のPC、またスマートホン(携帯電話)を製作するために必要な天然素材、また環境負荷についてリサーチする。目標6の水、目標15の陸の豊かさにはどうつながっているか?

 

▲携帯電話の使用年数は、たった18ヶ月、ノートPCは2年程度と言われる。最新の機器が必要か?使う量を減らすことはできないか?少しでも長く使い続けるためには、どんなアイデアがあるか?

 

▲下取りプログラムを実施して、電子機器のリユースを促している企業をリサーチし、応援する。

 

参考:

増える電子ゴミはどこへ行く - 知っておくべき10の深刻な事実

 

(丹羽順子)