share this post!

041_01_2

未来へようこそ!赤い地球

 

「地球は碧かった」――。1961年、世界初の有人宇宙飛行に成功した宇宙飛行士ユーリイ・ガガーリンが発したとされる言葉はあまりにも有名ですが、この映像はその当時から確実に温暖化が進行している地球の姿を私たちに突き付けます。

 

映像では、スーパーコンピューター(地球シュミレーター)が地球温暖化の進行度合いを予測した様子が映し出されます。地球がみるみる赤くなっていくさまを見ていると、私たち人間にはもはや指をくわえて見ていることしかできないのかという無力感に襲われるかもしれません。

 

ただしこれは、地球温暖化に対して今後何も対策を取らなかった場合に起こりうる世界を予測したまでのこと。ガイド役の江守正多さん(国立環境研究所地球環境研究センター温暖化リスク研究評価室長)の言葉を借りれば「私たちが行動することによって、未来は変えられる余地がある」のです。

 

「碧い地球」をこれからの世代にも引き継ぐために、今日からあなたは何をしますか?

 

(木村麻紀)