share this post!

070_01_2

「それは、あなたたちが形作る物語」

 

犯罪、テロリズム、貧困問題など、世界のつらい事件を見ると、時に問題の大きさに、無力感を感じてしまうことがあります。でも、2015年9月に開かれた「持続可能な開発サミット」のテーマ別セッションで上映されたこの映像は「私たちには力がある」「すべきことがある」と教えてくれます。

 

映像では、平和で包括的な社会、持続可能な開発の実現(目標16)には、次のことが不可欠だと提唱しています。それは、司法へのアクセスの提供、ジェンダー等のダイバーシティを認めた平等な社会の実現、すべての人の価値の受け入れ、誠実で責任をもった政府、法の遵守、包含的で透明性のある制度の実現等(目標1、2、3、4、5など)です。

 

これから、平和で包括的な社会を選び、作り上げていくのは、私たち1人1人です。映像の最後の「それは、あなたが形作る物語」という言葉が心にずしりと響きます。

 

▲平和で包括的な社会、持続可能な開発の在り方とは?途上国、自分の国などの在り方を考え、議論しましょう。

▲私たち1人1人ができることは?理想とする社会の実現のためにできることを、SDGsのそれぞれの目標との関連を考えながら話し合ってみましょう。

参考サイト:

持続可能な開発のための2030アジェンダ採択 — 持続可能な開発目標ファクトシート

 

 

■作品とSDGsの関連性

メインの目標:16

関連目標:1、2、3、4、5

 

■関連ウェブサイト

Sustainable Development Goals

 

持続可能な開発のための2030アジェンダ採択 — 持続可能な開発目標ファクトシート

 

(曽我美穂)