share this post!

108_01

教育こそが持続可能な社会へと変える!

低所得国の子どもたちが初等教育を受けられれば、1億7000万人が貧困から抜け出せる。低所得国の母親たちが中等教育を受けられれば、1200万人の子どもたちが発育阻害から抜け出せる。すべての女児たちが中等教育を受けられれば、児童婚の64%、早すぎる妊娠の54%を防ぐことができる――。

 

教育は基本的権利であると同時に、持続可能な開発にとって最も強力なツールでもありま­す。すべての子ども、若者、成人への質の高い教育への投資は、教育目標の達成だけではなく、持続可能な開発目標の達成のために必要不可欠なのです。それはなぜでしょうか。以下のような問いを端緒に、考えてみましょう。

▼子どもたちが学ぶ機会を保障することは、SDGsの目標達成に向けてどのような意味を持つのでしょうか。

▼中でも、女児たちが学ぶ機会を保障することは、SDGsの目標達成に向けてどのような意味を持つでしょうか?

▼大人たちが学び直せる機会を保障することは、SDGsの目標達成に向けてどのような意味を持つのでしょうか。

▼中でも、母親たちが学び直せる機会を保障することは、SDGsの目標達成に向けてどのような意味を持つのでしょうか。

 

(木村麻紀)

 

<関連目標>

1,3,5