share this post!

129_01

これからのエネルギーを担うカギとなる技術は何か?

 

化石燃料に主に頼ってきたエネルギーのありかたが今、変わってきています。その鍵となる再生可能エネルギー、スマートグリッドの普及についての現状と今後の課題について、ドイツのエネルギー会社DNV GLがまとめた映像です。

 

住まいや車のエネルギー源を、もっと再生可能エネルギーに替えられたら――。

再エネを導入できる土地が少ない地域では、どのようなことに取り組むべきなのか―。

 

気候変動への対策を迫られている世界に生きる私たちは、もはや化石燃料に頼るエネルギーのあり方を続けていくことはできないはずです。以下のような問いを手掛かりに、これからのエネルギーのあり方を考えてみましょう。

 

▼化石燃料に頼るエネルギーのあり方からシフトするために、皆さんの会社ではどのような取り組みを始めるべきだと考えますか?

 

▼映像では、スマートグリッドを取り入れているドイツの町・フローニンゲンの様子が映されていました。皆さんの住む地域では、化石燃料に頼るエネルギーのあり方からシフトするために、どのようなことができると思いますか?

 

<関連目標>

目標13

 

(木村麻紀)