share this post!

005_01

ミレニアム開発目標から持続可能な開発目標へ

 

世界の貧困問題を解決するために、国連は2000年に、8つの目標からなるMDGs(ミレニアム開発目標)を制定しました。

 

1990年以降、7億人の人々が極度の貧困から抜け出し、開発途上地域の10人に9人の子どもたちが初等教育を受けられるようになりました。26億人の人たちが、改善された水資源を使えるようになり、HIV/エイズの新規感染率は40%低下しました。

 

2015年に、2030年をターゲットとする新たな国際目標、SDGs(持続可能な開発目標)が採択されました。

 

MDGsが途上国の貧困問題の解決を主な目標としていたのに対し、SDGsは、先進国も含む国連全加盟国に、貧困や環境、人権といった包括的な目標に取り組むことを求めています。

 

私たちは、2030年までに、世界を変えることができるでしょうか?

国連広報センターが制作した映像です。

(今井麻希子)

 

<関連サイト>

ミレニアム開発目標(MDGs)に関する最終報告ならびに関連情報(国連広報センター)