share this post!

sdgs19-3

企業経営から捉えたSDGsとは?

 

これまで国連で国際合意した様々な条約や政策目標は、私たち市民や企業が大きく関与して進むことは少なく、政府主導の元で進められることが大半でした。
しかし、SDGsは先進国や途上国を含めた全ての国におけるあらゆるステークホルダーが、一緒になって進めていく持続可能な社会を目指す明確な目標です。

特に経済社会を牽引してきた企業は、経営者から従業員を含むこれからの経営や事業戦略の中にSDGsを組み込む重要なターゲットとなります。CSRを超えてビジネスの中にSDGsを位置づけ、顧客や取引先、調達先など全てのステークホルダーを巻き込み、ビジネスチャンスとして捉えるべき目標とされてます。

 

この映像は我々のパートナーである英国GreenTVがwbcsd(持続可能な発展のための世界経済人会議)と一緒に作ったアニメーションです。
事業をSDGsに取り組むことで、リスク回避だけでなく雇用や新たな市場を創りあげていくストーリーです。
皆さんと企業でSDGsの目標から棚卸しをしてみましょう。