SDGs.TV公認専門家のご紹介

SDGs.TV公認専門家であるSDGsラーニングコーチまたはSDGsファシリテーターの専門スキルを習得した方々が、全国の教育現場や企業・団体内、地域等において活躍しています。


Taniguchi

谷口嘉之/滋賀県立大学 地域連携コーディネーター

SDGsラーニングコーチ養成講座を受講して資格を取得しました。早速、大学生や一般の人を対象にしたセミナーの講師を務めることになり、SDGs.TVの映像コンテンツを使って「誰一人取り残さない社会」について考える内容で実施しました。言葉や写真に比べて映像には圧倒的な情報量があります。この特性は、受講者の多様な視点からの気づきや共有を可能にし、グループワークでの対話にも幅と深みが出たと思います。


Iketeru

大和田順子/同志社大学総合政策科学研究科ソーシャルイノベーションコース 教授

昨年度はFAO・世界農業遺産認定地域の取組に学ぶ「大崎耕土SDGsクエスト」というワークブックを制作し、それを活用したSDGsスタディプログラムやSDGsツーリズムを開発しました。今年度からは大学において都市と農村が支え合いSDGsの目標達成に貢献するイノベーションについて学習・デザイン・実践する授業を担当します。SDGs.TVには国内外の映像がアーカイブされており、大学の授業や、市民向け講座でSDGsに関する理解を深めるうえでとても貴重です。また、「SDGsラーニングコーチ養成講座」には、全国各地で同じ問題意識を持つ方が参加されますので、経験の共有を行うことができます。これからの合言葉はThink globally, Act locally and Share globallyですね。


Taniguchi

入江詩子/長崎大学大学院・長崎県立大学・鎮西学院大学非常勤講師

講座では、学習意欲の高い受講生の皆さまに刺激を受けながら、さまざまな授業の展開方法について学ぶことが出来ました。SDGs.TVの映像コンテンツは、幅広い領域を網羅してあり、講師の専門分野を活かした授業展開が可能でした。また課題に取り組む際には、興味深い映像が多すぎてつい観入ってしまい終了までに時間がかかりました。SDGsについては、授業で取り上げてきましたが、視覚教材を選ぶのにはとても苦労をしておりました。こちらを受講して資格をいただくことができ、早速授業に活かしていきたいと思っております。また、待ったなしのこの状況に危機感を持っていただくためにも、市民を対象とした講座でお話をさせていただくことができればとも思っています。


Yoshida

吉田典生/『マインドフルネス・ベースド・コーチ・キャンプ』ファウンダー

映像を通した学習の効果性を改めて実感しました。また共通の関心事を持つ方々の集まりなので、オンラインでも関係性が速やかにでき、安心安全な環境で学べるのも大きな価値になっていくと思います。私は組織開発や人材開発の事業に取り組んでいるので、今後いっそう気候変動に対する行動戦略にコミットしていきたいと思っています。この問題について、もはや「個人がそれぞれ良いことをする」だけで済む段階ではありません。社会全体のシステムを変えていく必要があるのは明らか。それを意図したSDGs学習をデザインしていくことに挑戦します。


Iketeru

池照佳代/株式会社アイズプラス 代表取締役

SDGsは世界規模での課題を共有し、全世界の誰もが関わることができるテーマでありながら、その学び方は限定的でした。今回プレスクールで豊富な映像とディスカッションを組み合わせた学び方に触れ、大きな可能性を感じています。世代、文化や置かれた環境を超え、誰もが学び、実践が可能です。主に企業向けに経営戦略実行支援や人材・組織開発支援、また大学でも講師を務め、それぞれの「ありたい未来」を実現する支援をしています。SDGsは学生から社会人、そしてコミュニティまで誰もが自身の立場から参画できる「みんなの未来」を共有できる場(機会)です。今後は、より多様な方々と共に、誰もが自分の立場から参加できるSDGsワークをデザインしていきたいと思っております。


Iketeru

松谷真弓/アプローチ株式会社 代表取締役、組織間連携コンサルタント

動画のインパクトの強さ、可能性を改めて知ることができました。シンプルで使いやすく、見た人が各自、自由に空想できたりイメージできるのが魅力です。学校の先生にとっても、授業など使える良い教材になると感じます。現在は企業研修だけでなく、中学校や高校などでSDGsの授業をすることもあります。今後いろんな立場や年齢の人(産官学など)が対話を深められるような場を作り展開したいと考えています。この動画を元に自由にいろんな意見が出るので、そこから次につながる可能性をもっと探究していきたいと思います。


Iketeru

村上彩子/「エシカル・タイム」「SDGs Action」代表

SDGs.TVの映像コンテンツを使用しての講座設計はとても素晴らしく、より多くの映像を見ることで、社会の課題解決に向けて参加者が能動的に取り組む思考が生まれやすくなると感じました。私はサステナブルな商品のセレクトショップ「エシカル・タイム」と研修を行う「SDGs Action」を運営しており、企業や学校を対象としたSDGsワークショップを行っております。地球規模の社会課題であるSDGsをいかに自分事化し捉えていけるか、その軸の中心には共感と行動が大切だと考えております。SDGs.TVの映像コンテンツを使用すると参加者が興味のあるトピックでSDGsを知る事が出来ますので、より深い学びに繋がります。今後も継続してワークショップを開催していきたいと思います。