share this post!

認定NPO法人 気候ネットワーク 理事 平田 仁子 氏

SDGs目標13にも位置づけられている気候変動への対策が、なぜ持続可能な社会の実現のために重要なのでしょうか。貧困、飢餓撲滅など持続可能な社会づくりに関わる他の目標を達成するためには、安定した地球環境を整える必要があるからです。目標13「気候変動への対策」はSDGsの根幹、SDGsの達成のカギを握ると言っても過言ではないのです。

 

年々暑さが増す夏、ゲリラ豪雨や記録的な大雪といった自然災害の増加は、気候変動の影響を私たちに身近に感じさせます。でも、それはもう防ぎようのないこと、私たちの手ではどうすることもできないことだと思っていないでしょうか——。この映像をご覧いただければ、答えはNoであるということ、私たちにできることが数多くあるということにお気づきいただけると思います。

 

 

平田仁子
気候ネットワーク 理事

 

出版社勤務、米NGO勤務を経て、98年より気候ネットワークに参加。2012年まで東京事務所長を務め、2013年より現職。気候変動に関する国内外の調査研究や政策提言を行っている。主著に『原発も温暖化もない未来を創る』コモンズ・2012年(編著)。千葉商科大学非常勤講師。早稲田大学大学院社会科学研究科卒(学術修士)。