share this post!

152_01

エコで楽しくて、素敵なデザインの椅子はいかが?

 

この映像は、アメリカ硬材輸出協議会が紹介している新しい木材の使い方の映像の1つです。1つ目は、今まで捨てられたる運命だった木くずを発酵させた材料で作った椅子です。2つ目は、3.5メートルの長さの板を4本の脚で支えるベンチ。これだけ長さがあるにも関わらず、コンパクトに持ち運びできる作りにしてあります。

 

▲この映像では、捨てられるはずだったものを活用して、素敵な家具に生まれ変わらせていますが、こういった家具を見た/使ったことはありますか?

 

▲現在、リサイクル素材の家具はデザイン性も高いものが多く発表されています。下記のウェブサイト等を参考に、欲しい家具や今後求められる家具について、議論しましょう。

 

古材やリサイクルウッドを使った、表情豊かなインテリア(houzz)

 

recycled furniture(inhabitat)

 

 

▲この映像で紹介している椅子のような、リサイクル素材を活用して新たな命を吹き込んだものを「アップサイクル」と呼んでいます。アップサイクルの動きについて調べ、今後の可能性について話し合いましょう。

 

■関連ウェブサイト

the American Hardwood Export Council (AHEC)

 

■作品とSDGsの関連性

メインの目標:12

関連目標:13,15

 

(曽我美穂)