share this post!

042_01

気候変動サバイバル 賢く楽しく生きていこう!

 

足元で少しずつ、でも確実に進行している気候変動。それは大人たちだけが考えるべき問題ではなく、これからの世界を生きる子どもたちにこそ、その意味を理解し、どのように行動すべきか考えてほしいテーマです。

 

そんなこと言われても何だか難しそう、と思ってしまうかもしれません。でも、大丈夫です!この映像は、ちょっと奇妙なキャラクターが、子どもたちの目線に合わせて「大雨が降ったらどうすればいいか」「カンカン照りが続く時はどうすればいいか」をユーモアたっぷりに教えてくれます。

 

ユニセフが実施している個人へのガーデニングキットや雨水利用システムの提供、集中豪雨に耐えうる学校校舎の建設支援プロジェクトなど、気候変動に個人として、地域社会として対応する際のヒントにもなる取り組みについても触れられています。

 

将来の地球温暖化を抑えるために今行動することはもちろん大切。同時に、今現在進行している気候変動を克服して快適に暮らす術を身につけることも必要です。

 

夏の冷房使用を抑えるためのゴーヤカーテンづくりは、すっかりおなじみになってきました。皆さんは家庭で、学校で、どんな取り組みをしていますか。

 

(木村麻紀)