share this post!

007_01

「水とは?」考えたことはありますか?

 

毎日、当たり前のように使っている、水。あまりに身近すぎて、最後にいつ、水を飲んだり、触れたりしたか、分からないくらいです。

 

この国連が毎年3月22日に制定した「世界水の日」のCMでは、水がどんな存在かを、端的に表現しています。詩的ともいえる、短い文章ですが、読むと深く考えさせられます。映像で出された「水とは…」の答えを下記にまとめてみました。

 

水とは…健康、自然、都市化、産業、エネルギー、食糧、平等である。

 

こうして読んでみると、水は、貧困(目標1)、飢餓(目標2)、健康と福祉(目標3 )、ジェンダー平等(目標5)、クリーンエネルギー(目標7)、産業(目標9)、格差の是正(目標10)、持続可能なまちづくり(目標11)など、様々な課題につながっていることが、伝わってきます。

 

水問題への取り組みは、世界にきれいな水と衛生(目標6)をもたらすだけでなく、無限の可能性を秘めているのです。

 

世界水の日のウェブサイトには、さらにたくさんの水とは…の答えがあります。それを探しながら、水の持つ可能性を、話し合ってみましょう。

 

■関連ウェブサイト

World Water Day

 

■作品とSDGsの関連性

メインの目標:6

関連目標:1,2,3,5,7,9,10,11

 

(曽我美穂)