share this post!

021_01

再エネ100%への挑戦!電気の地産地消はここから始まった ~デンマーク・サムソ島~

 

デンマーク・サムソ島。ここは、風力発電でエネルギーの100%自給を達成している島として知られています。島をあげての自給への道のりが描かれた映画『パワー・トゥー・ザ・ピープル』を観て、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

 

島の風力発電はすべて島民が出資して建設し、島民が売電収益を得ています。まさに「おらが島の風車」が、地域内でお金が巡る経済循環を生み出しているのです。

 

風力発電などの再生可能エネルギーで電気を地産地消する分散型エネルギーシステムは、送電網の構築にコストがかかる島しょ地域では特に有効です。いつどこで災害が起きてもおかしくない日本にあっては、来るべき災害に備えて電力の地産地消を推し進める動きをさらに加速させなかればならないのではないでしょうか。

 

<関連目標>

目標13、目標8、

 

(木村麻紀)