森の名人〜かるい作り名人(宮崎県)

CONTENTS No : 15_009109

MOVIE TIME : 04:59

AUTHOR : © TREE

Contents navigation

Q. なぜ「森は生きる場所」とお話したのでしょうか?

「森の”聞き書き甲子園”」は、2002年に林野庁・文部科学省・国土緑化推進機構・樹木・環境ネットワーク協会の4者からなる 実行委員会が実施するプロジェクト。毎年、日本全国から選ばれた100人の高校生が参加し、100名の森の名人・名手の元を訪れます。自分たちの未来のため、そして次に続く世代のために、名人と高校生たちの繋がりは広がっていっています。

”かるいづくり名人”を取材した甲斐君。
学んできたのは、畜産だと言うが、森の聞き書き甲子園に参加したことで、森と人との共存していくことの大切さを理解できたことや、名人の生き方を感じられたことが大きかったようです。
農林業主体の地域では、竹背負い籠「かるい」は、昔から大変重要なもので、椎茸採取や、栗の収穫、森林作業用具の運搬等に広く活用されているそうです。

今回映像に出てきた名人、飯干五男さんは、「かるい」制作で宮崎県の伝統工芸士の認定を受け、また竹工芸保存会を設立し、国内外に広く、竹細工の文化を紹介するとともに、地域内でも定期的に講演会等をするなど、技術の伝承に努められているそうです。

あなたが住む地域に他の地域にはない特徴的な産業はありますか?甲斐君のように調べたり、名人にお話を聞いてみましょう。
他の竹工芸について調べてみましょう。「かるい」とどのような違いがありますか?

協力:共存の森ネットワーク
映像協力:
森の”聞き書き甲子園”実行委員会
松下電器産業株式会社
東京ガス株式会社

関連動画:
森で生きる名人(奈良県川上村)
森の名人〜アツシ織りの名人(北海道)
海の名人 ~江戸前の海に生きる海苔漁師(千葉県木更津市)

THINKING!

この動画に関連するSDGsのターゲットを考えてみましょう。ボタンを押すと主な関連ターゲットを参照できます。

TARGETを見る
  • GOAL_11_TARGET_11.4

    TARGET 11-4

  • GOAL_15_TARGET_15.1

    TARGET 15-1