災害に配慮したまちづくり

CONTENTS No : 11_004957

TIME : 02:22

AUTHOR : © GreenTV / National Trust

QUEST

住み続けられるまちづくりを

Q. あなたの地域の海辺で暮らす人々の家屋は安全ですか?

Contents navigation

イギリス、ドーセット州スタッドランドにある海の家は、建て替えの時期に来ています。そこで、海の家を管理しているナショナルトラストでは、未来の環境に順応しながら海を楽しめる建築デザインを考えています。この動画は、その建築プロジェクトの概要を、関係者のインタビューや実際の海岸の様子と共に紹介しています。

動画はデザイナーのネーサン・ボールさんの「百年変わらなかった海の家は、今こそ変える時です」というコメントと共に始まります。その一番の理由は、強い嵐に備えるため。ナショナルトラストのエリ・マクドナルドさんは冬に過去35年で最悪の嵐が来たことを踏まえ、今後また同じ、またはそれ以上の規模の嵐が来る際の備えが必要だと語っています。

ところで海の家(Beach hut)とは? これは英国で19世紀ごろから作られ始めた、海岸に並んでいる小さな小屋です。日本によくある「海の家」を個人用の小さな家にして海岸に並べている…といった感雰囲気です。イギリスでは、夏の間などの期間限定、または年間を通して、このような海の家を借りたり、所有したりしていることが多く、海の家は、いろんな思い出が詰まった大切な場所となっています。スタッドランドの海岸には先祖代々受け継がれてきた海の家がたくさんあるのですが、今のままでは強い嵐が来たらめちゃくちゃになってしまう…。そこで、新しいデザインの海の家を作る、という話になったのです。

計画で大切にされているのは「環境への順応」。破損や腐食した建材を簡単に交換できるようにしたり、いざという時には素早く撤去できるようにしたり、といったアイデアが出ています。持続可能で、環境にも順応できる海の家。どんなものができるか、楽しみです。

▶︎新しい「海の家」のデザインのポイントは?
▶︎災害の備えができ、環境に順応できる建物とは、どんな建物でしょうか?(素材、デザインなど)

参照:
災害時に命を守る一人一人の防災対策(政府広報オンライン)
防災ポータル(国土交通省)
Studland Bay(英語:National Trust)

(曽我美穂)

LINKAGE

この動画に関連するSDGsのターゲットを考えてみましょう。ボタンを押すと主な関連ターゲットを参照できます。

TARGETを見る
  • GOAL_9_TARGET_9.1

    TARGET 9-1

  • GOAL_9_TARGET_9.5

    TARGET 9-5

  • GOAL_11_TARGET_11.C

    TARGET 11-c

  • GOAL_13_TARGET_13.1

    TARGET 13-1