現代の食生活を見直そう

CONTENTS No : 12_000029

TIME : 04:20

AUTHOR : © 農水省

QUEST

つくる責任 つかう責任

Q. あなたは、未来の食生活について考えたことがありますか?

Contents navigation

日本の食料自給率は約4割で、これは先進国の中でも最低です。これは何を意味するのでしょうか?例えば輸送にかかるエネルギー、(特に日本はごく一握りの輸入国に頼っているので)食糧安全保障、化学物質や食品偽装の問題など、必ずしも味に反映しなかったとしても、考慮するべきポイントがいくつもあります。

さらに掘り下げると、食は目標1(貧困)、目標3(健康)、目標6(水)、目標7(エネルギー)、目標13(気候変動)などにも密接に関わるグローバルな問題です。例えば世界の水使用量の70%は農業によるものですし、また農業は地球温暖化を促す最大の要因の一つです。

健やかな地球、健やかな体を維持・形成することを考えると、健やかな食が不可欠です。それは具体的に何を意味するのかは、人それぞれでしょう。ただ飽食の日本においては、「質素な食を心がける」、これは心がけておきたいことの一つです。食べることは誰しもが一日三度行なっていることだからこそ、見直して変えてみることは、すぐにできることでもあります。

(丹羽順子)

LINKAGE

この動画に関連するSDGsのターゲットを考えてみましょう。ボタンを押すと主な関連ターゲットを参照できます。

TARGETを見る
  • GOAL_2_TARGET_2.4

    TARGET 2-4

  • GOAL_2_TARGET_2.C

    TARGET 2-c

  • GOAL_12_TARGET_12.3

    TARGET 12-3

  • GOAL_12_TARGET_12.8

    TARGET 12-8