気候変動対策を考えよう『緩和編』(神奈川県)

CONTENTS No : 13_010188

TIME : 06:52

AUTHOR : © 神奈川県気候変動適応センター(TREE制作)

気候変動に具体的な対策を

Q. 気候変動問題への2つの対策である「緩和策」と「適応策」という言葉を聞いたことはありますか?

Contents navigation

令和2年10月26日、わが国もいよいよ2050年温室効果ガス実質ゼロの実現を表明しました。これまでの経済か、環境か、の二項対立を超えて炭素中立の持続可能な社会をいかに我々の手で創り上げていくかが、いま問われています。
そして、同年2月には、神奈川県でも「気候非常事態宣言」を行いました。強力な台風や集中的な豪雨、猛暑日の増加などわたしたちの身近な暮らしにも、気候変動の影響が直接感じられるようになってきています。

今回の動画は気候変動の基礎について、神奈川県の身の回りの物事における気候変動の影響や「緩和策」の事例紹介を見ていきましょう。

▶︎二酸化炭素などの温室効果ガスの排出につながる行動にはどのようなものがありますか?
▶︎私たちの行動で、温室効果ガスの排出を減らすための工夫としてどのようなことができますか?

参照:かながわ気候変動WEB(神奈川県)

(生形修)