食の探偵 レイモンド・ブランク vol.2 ~魚料理の妨害工作

CONTENTS No : 14_006087

TIME : 02:43

AUTHOR : © GreenTV / MSC

COMMUNICATION

海の豊かさを守ろう

Q. あなたの周りにMSCラベルが貼ってある飲食店はありますか?

Contents navigation

水産物のエコラベルであるMSCについて、楽しく学べるアニメ番組の第2弾です。

案内役は、イギリスで多くのレストランを経営している、人気シェフのレイモンド・ブランクさん(実在する方です)。物語は、食の探偵に扮するレイモンドさんが、事務所でおいしい軽食を食べている時に来た、1件の依頼からスタートします。依頼人(シェフ)が調べてほしいことは、ライバル店の繁盛の秘密。依頼人は、ひそかに妨害工作を働かれているのではないか…と疑っています。

依頼を受けたレイモンドさんは、早速、依頼人の店へ。でも、妨害工作は見つかりません。そこで、ライバル店へ偵察に行くことに。そして、メニューを開いてすぐに、謎が解けました。メニューに国際認証であるMSCのロゴを見つけたからです。MSCは、持続可能な漁業で獲れた魚だということを証明している団体。その店の海産物を食べることは、持続可能な漁業のサポートにつながっているのです。

事務所に戻り、レイモンドさんは依頼人にこう説明、アドバイスします。
「人は信頼できるものしか買いません」「同じことをしてみては?」
後日、依頼人の店はMSCに認証された魚や貝を使うようになり、店は予約でいっぱいに。めでたし、めでたし…という形で動画は終わります。

MSCは、厳しい基準で持続可能な漁業を認証しているイギリス生まれの国際非営利団体で、日本にも事務所があります。日本でも海のエコラベルは広まっており、スーパーの他、レストランやファーストフードのお店で見かけることもあります。みなさんの身近なお店では、見かけたことがありますか? 海のエコラベルのついた海産物を日常的に食べるにはどうすればよいでしょうか?

▶︎日本では、どのレストラン、ファーストフード店でMSCの海のエコラベルのついた海産物が食べられますか?
▶︎もっと身近な場所で海のエコラベルがついた海産物を食べるには、どうすればよいでしょうか?

参照:
MSC日本事務所
「海のエコラベル」MSC認証を識る(エシカルはおいしい!!)

(曽我美穂)

LINKAGE

この動画に関連するSDGsのターゲットを考えてみましょう。ボタンを押すと主な関連ターゲットを参照できます。

TARGETを見る
  • GOAL_12_TARGET_12.2

    TARGET 12-2

  • GOAL_14_TARGET_14.4

    TARGET 14-4

  • GOAL_14_TARGET_14.7

    TARGET 14-7