カカオに関わるすべての人を笑顔に(明治ホールディングス株式会社)

CONTENTS No : 17_009379

TIME : 06:50

AUTHOR : © Edu Town SDGs

パートナーシップで目標を達成しよう

Q. 質の高いカカオを生産するためにどのような取り組みがされていましたか?それはなぜですか?

Contents navigation

日本の企業によるSDGs達成のためのビジネスを紹介する動画シリーズ。
今回はチョコレートの生産に焦点を当てます。

チョコレートはよく食べますか?1990年は約194,000トンであった国内消費は、2020年には約26,000トンにまで増加しています。
美味しいチョコレートの生産のために原料であるカカオの産地における課題を解決するために力を入れる明治ホールディングス株式会社の「メイジ・カカオ・サポート」という取り組みをみてみましょう。
カカオ産地の様々な課題を解決するために、同社は井戸の設置や教育の充実等を展開するとともに、同社では解決が難しいことは他の団体との協働も行っています。また、動画ではブラジルでアグロフォレストリーという農法を取り入れたカカオ生産について紹介されています。農地にする際、樹木を切ってしまうイメージがありますが、このアグロフォレストリーは、自然の生態系にならって森を作りながらカカオもつくるという自然に優しい農業と言われています。

2022年時点で9か国でカカオの生産をサポートしている明治ホールディングス。ウェブサイトをみてみるとその地域によってサポートの内容も様々です。地域は多様であり、そこに住む方も多様であるから、課題も様々。チョコレートを食べる人だけが幸せになるのではなく、原料であるカカオ生産に関わる人も幸せになるための取り組みであると思います。

ブラジル以外のカカオ生産地で、明治ホールディングスがどのような取り組みをしているのか調べてみましょう。
カカオからチョコレートになるまでの手順を調べてみましょう。
日本に輸入している作物はどのようなものがあると思いますか。生産地はどのようなところでしょうか。調べてみるか輸入を担当している会社の人に聞いてみましょう。

参照:
カカオに関わるすべての人を笑顔に「メイジ・カカオ・サポート」で持続可能な社会を目指す(EduTown SDGs)
チョコレート・ココア統計(日本チョコレート・ココア協会)
メイジ・カカオ・サポート(明治ホールディングス)

(大崎美佳)

LINKAGE

この動画に関連するSDGsのターゲットを考えてみましょう。ボタンを押すと主な関連ターゲットを参照できます。

TARGETを見る
  • GOAL_2_TARGET_2.3

    TARGET 2-3

  • GOAL_2_TARGET_2.4

    TARGET 2-4

  • GOAL_17_TARGET_17.16

    TARGET 17-16