過去から未来へ引き継ぐ 語り部ジュニアたち

CONTENTS No : 04_003689

TIME : 08:25

AUTHOR : © TREE

QUEST

質の高い教育をみんなに

Q. あなたの街で、受け継ぐ語りは何ですか?

Contents navigation

世界遺産の熊野古道がある和歌山県田辺市の小学校でおこなわれている、地域の伝承を次世代へ引き継ぐための「語り部ジュニア」という取り組みを紹介する動画です。

この地域には平安時代よりもっと前からの伝承が残っています。それを未来の世代に引き継ぐため、熊野本宮の近くにある三里小学校では、6年生が地域の名人から言い伝えを学び、伝える技術を習得しながら発表する授業を、毎年、1年かけておこなっています。子どもたちは、この授業を通し自分たちの地域に伝わる話の素晴らしさを知り、今まで以上にふるさとへの想い、誇りを強くしていきます。山村地域の語り部の高齢化、減少問題への対策にもなっています。

ここまで聞くと「ああ、どこかで聞いたことがあるような話だな…」と感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。でも、この取り組みには新しい点があります。それは、教育カリキュラムとしても非常によく工夫されている、ということ。生徒の表現力、伝達力、観察力、想像力をのばすことを目的に作られた映像教材の活用。リーダーシップ力も身につく名古屋の小学校との交流。語り部名人と小学生が世代を超えて育んでいく絆。そうした世代間交流からの生きた学び。動画では、こうした取り組みは「まさに国連が定め推進している持続可能な開発のための教育(ESD)と呼べるでしょう」と締めくくっています。

こうした取り組みは、未来の教育の在り方のヒントになるかもしれません。

▶︎持続可能な開発のための教育(ESD)とは? 調べてみましょう。
▶︎この学校や、今まで通ってきた学校で「語り部ジュニア」のような授業や、ESDのような授業はありましたか?(思い浮かばない時は、テレビやインターネットで見聞きした授業でもOKです)
▶︎持続可能な開発のためには、どんな授業があると良いと思いますか? よりよい未来につながる、面白いESDの授業内容を各自、考えてみましょう。

参照:
ESDとは(文部科学省)
ユネスコスクール(ESDの推進拠点:ACCU)
SDGs for school(Think the Earth)
持続可能な社会創生のために創造的な教育を実践する現場の先生と生徒を応援するプロジェクト

(曽我美穂)

LINKAGE

この動画に関連するSDGsのターゲットを考えてみましょう。ボタンを押すと主な関連ターゲットを参照できます。

TARGETを見る
  • GOAL_1_TARGET_1.4

    TARGET 1-4

  • GOAL_4_TARGET_4.7

    TARGET 4-7

  • GOAL_11_TARGET_11.A

    TARGET 11-a