グリーンアンバサダー(緑の大使)になろう!

CONTENTS No : 04_003712

TIME : 03:18

AUTHOR : © WWF

COMMUNICATION

質の高い教育をみんなに

Q. あなたはどのアンバサダーになりたいですか?それはなぜですか?

Contents navigation

約100カ国で活動している、パンダのロゴでおなじみの環境保全団体WWFの英国支部が作成、発信している動画です。子ども向けの教育プログラム「グリーンアンバサダー(緑の大使)」の取り組みを、子どもたちも分かるように、楽しい雰囲気で伝えています。

グリーンアンバサダー(緑の大使)のねらいは、子どもたちに身近なアウトドア(外)、地球とのつながりや、環境問題について考えてもらい、よりサステナブルな暮らし方を考え、実践していくこと。そのためのツールを、オンラインを中心にたくさん提供しています。

小学生に環境について教える時に大切なのは、楽しみながら、環境問題を身近に感じてもらうことですが、このグリーンアンバサダー(緑の大使)では、個性的で親しみやすいキャラクターを通して、環境問題のことを伝えています。

動画の前半では「地球」さんが登場。ナレーターと共に、なぜ地球が大切なのか、分かりやすく説明しています。後半ではグリーンアンバサダー(緑の大使)のキャラクターが次々に登場。省エネ担当のスイッチ、リサイクルを伝える缶のクラッシュ、節水担当のタップ、レンガや葉っぱ、環境に優しい通学を伝えるホイール、食と健康が専門のリンゴのスミスなど、面白いキャラクターばかりです。これらのキャラクターがチームとなり、環境問題のことを伝えます!と記念写真を撮影するところで、動画は終わります。

WWF英国支部のグリーンアンバサダーのウェブサイトでは、先生や生徒用のプリント、お話などの教育ツールが無料でダウンロードできるようになっています。動画もウェブサイトも小さな子どもや小学生が環境問題を考えるきっかけになる内容ばかりなので、社会・環境問題の伝え方を考える際の、良いヒントになりそうです。

▶︎子どもたちに分かりやすく環境問題のことを伝えるには?
▶︎環境教育とは?
▶︎日本にも環境教育について伝えるキャラクターはいますか? 日本でも参考になる子ども向けの伝え方はあるでしょうか?

参照:
ぬりえやワークブックで動物を学ぼう!(WWF)
こども環境省(環境省)
WWF Green Ambassadors(WWF英国支部)※英語サイト
Green Ambassador Storybooks(WWF英国支部)※英語サイト

(曽我美穂)

LINKAGE

この動画に関連するSDGsのターゲットを考えてみましょう。ボタンを押すと主な関連ターゲットを参照できます。

TARGETを見る
  • GOAL_4_TARGET_4.7

    TARGET 4-7

  • GOAL_6_TARGET_6.4

    TARGET 6-4

  • GOAL_9_TARGET_9.4

    TARGET 9-4

  • GOAL_12_TARGET_12.2

    TARGET 12-2

  • GOAL_17_TARGET_17.16

    TARGET 17-16