share this post!

SDGsを後押しするESG投資の流れ ~気候変動の観点から~

今、環境や社会に貢献する企業に積極的に投資する「ESG投資」が世界的に広がりを見せている。

 

ESG投資は企業のあり方を、さらには地球環境や社会をSDGsが目指す持続可能なものに近づけることができるのか――。途上国のCO2削減や適応ビジネスなど気候変動分野を中心とした環境金融コンサルティングの第一人者でもある吉高まり氏に、ESG投資の可能性とSDGs達成との相関性について解説していただきました。

 

 

吉高 まり氏
(三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社 クリーン・エネルギー・ファイナンス部 主任研究員)

 

IT企業、投資銀行勤務の後、世銀グループ国際金融公社環境技術部、国内初エコファンド立ち上げに関与。米国ミシガン大学自然資源環境大学院科学修士号取得。2000年クリーン・エネルギー・ファイナンス部立ち上げのため同社入社。近年、ESG投資の領域について調査・アドバイス・講演等を実施。2008年度より慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授。