share this post!

149_01

航空産業が目指す、持続可能な成長とは?

 

現在、世界の飛行機利用者数は1日860万人で、毎分6000人が利用している計算になるそうです。そして、その数は増え続けると言われています。こうした利用者数の増加に伴い、持続可能な航空産業の発展のために何が必要か、2014年にスイスのジュネーブで開催された「グローバル・サスティナブル・アヴィエイション・サミット」で話し合われました。

 

航空業界では、こうした成長は経済効果と社会的な意義もある、と捉えられています。同時に、気候変動への対策が待ったなしの状況なので、環境に対する配慮も必要だ、考えられています。

 

▲映像ではCO2排出量の削減やバイオ燃料の使用が提案されていましたが、他に環境に優しい方法はあるでしょうか?関連ウェブサイト等で調べ、話し合いましょう。

 

▲本当に、飛行機を利用する人数は増え続けるのでしょうか?増やさないようにする工夫はできないのでしょうか?

 

▲航空産業が成長を続けながら、環境に悪影響を与えない、ということは実現可能でしょうか?議論しましょう。

 

■関連ウェブサイト

Aviation: Benefits Beyond Borders

 

■作品とSDGsの関連性

メインの目標:9

関連目標:7,13

 

(曽我美穂)