share this post!

158_01

地域の宝を探そう 〜 西アフリカのカーボベルデの事例

 

西アフリカに浮かぶ小さな島、カーボベルデ。自然資源が乏しく、経済成長もままならなかった小国が目につけたのが、「風」だ。それぞれの地域が持っている資源をユニークな視点で有効利用することは、未来をより平穏で平和で確かな暮らしに変容させていく。

 

▲今なお、世界ではおよそ26億人が不安定な電力の下で暮らしている。できるだけ地域に根ざしたクリーンエネルギーで電力を賄おうとした場合、そのために必要なリソースはなんだろうか(地域特有の資源、責任ある投資、リーダーシップ、地域の協調性、教育など)。ある特定の地域を取り上げ、短期、また中長期プランをデザインしてみよう。

 

▲電力のみならず、食や住居、生活用品や教育なども地域で作り、愛着を持って使おうという動きが、世界中で始まっている。オフグリッドで暮らしている島や地域を調査し、どんな新しい産業基盤、またイノベーションがあるか整理してみよう。

 

(丹羽順子)